忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HP→http://sora-blue.net/~kuar/index.html
No.371 No.370 No.369 No.368 No.367 No.366 No.365 No.364 No.363 No.362 No.361
2017-09-21(Thu)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009-03-23(Mon)
無題

背景が黒。これを透明色としてウィンドウを透過させ画像を表示する。
すると画像にジャギーが現れる。画像の輪郭が黒だからここが一部透過されてジャギーがでているのかと思い線画をオレンジにして再度実行。
しかし黒いジャギーが現れる。つまるところ背景の黒がそのまま残っている状態であると。
bmp且つマスク処理も行っていないこの現状において中間色は一切存在しないはずであるため全ての黒は透過されるはずである。
しかしながら実際に残っている。まるでアンチエイリアスのある絵にペイントの塗りつぶしで背景を一色に染めたみたいじゃないか。
いや実際そうなのか。キャラクターの背景黒だからそこを透明色で塗りつぶしたってことで。
結局ここで中間色ができてしまってる。
ならばマスク処理?
しかしマスク処理書いたのはいいが画像が表示されん。コードは正しいはず。
逆に以前のコードから拡張ウィンドウのEXにした際は窓ができずにすぐに終了してしまう。
いったい何が起こってるんだ。


結局のところJavaが一番簡単かつ奇麗に仕上がる。
標準でドラッグ移動、一行で透過、一行で窓無し、一行で最前表示という手軽さ。
でもMACでしかだめ。そして後から最前表示が弄れそうにない。
しかしMACならobjective-cでつくれるようにしなければ。
Appleからサンプルコードでウィンドウ透過、ドラッグ移動のサンプルこそあるが解析にかなり時間がかかりそうだ。
PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。

    ・無題
    bmpだろうとなんだろうと『一色で塗りつぶす』形式の画像をアプリで読ませると
    よっく判らん謎の挙動したりすんのよな。ちゃんと透過とみなす色データも定義してるのに
    ごく一部の部分が残ったり。で、よくよく調べてみるとシステム内部で妙な読み込み方してて
    JPEGよろしく一部が劣化してる(RGB255,0,255のマゼンタの近くにRGB254,1,254とかが生まれる)のよな。

    おいらの場合は一色塗りつぶしはあきらめて、予め透過PNGを作って
    ソレを読ませるような手法にとっかえたぬぇー。なんかそういうの使える関数あったっけ?Cで

    TRACKBACK
    • この記事のURLとトラックバックURLです。
    • 必要に応じてご使用くださいませ。
    この記事のURL▽
    この記事のトラックバックURL▽
    No.371 No.370 No.369 No.368 No.367 No.366 No.365 No.364 No.363 No.362 No.361

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]