忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HP→http://sora-blue.net/~kuar/index.html
No.372 No.371 No.370 No.369 No.368 No.367 No.366 No.365 No.364 No.363 No.362
2017-09-21(Thu)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2009-03-24(Tue)
無題
結局マスク処理でも汚い中間色が発生することを確認。
pngだ。pngしかない。が、しかししかししかし標準ではbmpしか対応していないという。
対応策は数点。
・自力でpngを解析してあれやこれやとする
・WIN32APIでなんとかなるのか?
・外部からなんかやる
・C++に移行してC++でなんか使って頑張る

とりあえず外部からなんとかする。
libpngによるpng対応を目指す。
zlibビルド時にwarning2つ。とりあえず.libはできるけどunzip.libが存在しない件について
代わりにunzip.cとunzip.h突っ込んどいたけどいいのかこれ
VC++2008ではエラーが数点でてしまう。おそらくバージョンアップでコードが変わったものだろうが元々のコードがさっぱりなのでVC++6にしてコンパイル。
成功するがEXの拡張ウィンドウが対応しないようだ。この辺はあとからなんとかできると思ったのだが案の定libpngの使い方がわからない。
てかエラーがでてないだけで実際完成しているのかすらわからん。
参考サイト探してみたけどコードが長くてわけわからん。間違いなく初心者殺し。
しかしpngを扱えないと後々辛いと言えば辛い。

http://homepage3.nifty.com/ysflight/pngdecoder/pngdecoderj.html
サンプルでpngを読み込むプログラムがあったので挑戦したが透過pngの表示が残念だった。
透過は不完全らしい。コードが簡単だっただけに残念。

VC7.0においてはCImageたるものがあるらしいがVC2008、VC6とも定義されてないと返され使えず。
参考サイトも特には見つからなかったので使うに使えず。




C、C++はめんどくさいかわりに何でもできると聞いていただけになんとも不甲斐ない。

>>桜庭
それがあれば苦労はしない。てかbmpなんぞ誰が使うかーっていう感じなわけですが。
かのアプリコットも透過pngを使用していたので何かしらあるはずなのでもうしばらく模索してみよう・・。
PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    TRACKBACK
    • この記事のURLとトラックバックURLです。
    • 必要に応じてご使用くださいませ。
    この記事のURL▽
    この記事のトラックバックURL▽
    No.372 No.371 No.370 No.369 No.368 No.367 No.366 No.365 No.364 No.363 No.362

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]